電動自転車の車体紹介

電動自転車でも折りたたみ!Panasonicオフタイムの紹介

電動自転車でも折りたたみ!Panasonicオフタイムの紹介

「電動アシスト自転車はママチャリ子ども乗せばかりでしょ?」という認識の方も多いのではないでしょうか。
確かに自転車屋さんの店頭や、街中にはママチャリタイプ、子ども乗せタイプが目立ちます。
しかし実際にはおしゃれなミニベロタイプがあったり、クロスバイクタイプ、マウンテンバイクタイプがあったりと様々な種類から選ぶことができます。
(NORUDEでは30種類のラインナップをご用意!)

今回は、電動アシスト自転車の中ではめずらしい折りたたみタイプの、Panasonic OFFTIME(オフタイム)をご紹介します。

Panasonic オフタイムの特徴・仕様

オフタイムの特徴は何と言っても折りたたみ可能であること。国内大手メーカー三社(Panasonic、ヤマハ、ブリジストン)の中で唯一の折りたたみ自転車です。

また、外装7段変速を採用しているので、路面状況に合わせて最適なギアを選ぶことができます。
色んな場所でオフタイムを使ってもらいたいというメーカー側の意図が感じられます。

主な仕様

  • バッテリー :8.0Ah 充電時間 約3時間
  • 走行距離  :パワー約30km、オートマチック約38km、ロング約50km
  • タイヤサイズ:前18インチ、後ろ20インチ
  • 変速    :外装7段
  • 質量    :20.6kg
  • サイズ   :全長1,520mm 全幅570mm ハンドル高さ930mm
  • 折りたたみ時:高さ670mm 長さ880mm 幅490mm


Panasonic オフタイムの折りたたみ方

オフタイムの折りたたみ(組み立ても)は簡単で、慣れれば1分程度で作業が終わります。

①ペダルを折りたたむ
②レバーをゆるめハンドルを折りたたむ
③ロックを外しフレームを折りたたむ
折りたたみ完了!

Panasonicさんからは折りたたんだ状態で入れられる輪行バッグが販売されていますが、重量が20kgあるので、実際に担いで輪行するというよりは車に積んで旅行先で利用といった使い方の方が合いそうです。

Panasonic オフタイムのいいところ、気になるところ

いいところ

①折りたたみフレームで省スペース化

最大のメリットはやはり折りたたむことで、狭いスペースでも収納、保管できることです。
折りたたむことでほとんどの車に積むことができ、大自然の中、裏路地の多い旅先での散策を、自転車で楽しむなんてことも可能になります。楽しみを広げられる折りたたみモデルです。

また、「マンションの駐輪場が埋まっており家の中にしまわないといけない」、といった場合もオフタイムの場合無理なく置くことができます。

②外装7段変速を採用

電動アシスト自転車だと内装3段などが多い中、オフタイムは外装7段変速のギアを採用しています。

これにより様々な路面状況で最適な変速をすることができ、持ち運んで利用できるオフタイムの特徴をさらに使いやすくしています。

気になるところ

①ちょっと慣れが必要なハンドル

折りたたみ前提で高さも低いため、ハンドルが若干不安定です。
慣れてしまえば問題ないのですが、安定感だけで言えばママチャリが上回ります。年配の方や自転車の運転から離れている方にとっては慣れるまで時間がかかるかもしれません。

②荷物は積めない

折りたたみなので仕方ないのですが、カゴやキャリアが無いため荷物がある場合は
リュックが必要になります。
※純正パーツでカゴの用意がありますが、カゴをつけると折りたたみができなくなります。

小物を入れるのにちょうどいいサドルバッグ

Panasonic オフタイムはこんな方におすすめ

このような特徴をふまえ、Panasonicのオフタイムはこんな方におすすめです!

自然の中で電動アシスト自転車に乗りたい!

都会の喧騒から離れたい/喧騒を忘れリフレッシュしたい!そんなお供に!
ちょっとした山や公園、旅先の駐車場までは車で、そこからは先は登りも楽な電動アシスト自転車で巡るなんてこともオフタイムなら可能です。
車を運転しながらでは感じられない気持ちよさを感じられるかと思います。

すでに自転車やバイクを持っていてマンションの駐輪場が使えない!

折りたためるオフタイムならマンションでも家の中にしまえるため、駐輪場を利用できないおうちでも保管することが可能です。

いつもリュック1つで通勤、お出かけ

普段から荷物が少ない方であれば、カゴの無さにデメリットは感じないと思います。
オフタイムはコンパクトな車体で小回りも効くので、都市部での通勤やちょっとしたカフェ巡りにも最適です。

まとめ

珍しい折りたたみ電動アシスト自転車というオフタイムが、どういう特徴を持った自転車か伝わりましたでしょうか。
折りたたんで省スペース化できるという特徴は、ハマる人には「オフタイムしかない!」となるかと思います。

「もっと詳しく聞きたい!」という方はお気軽にNORUDEにお問合せください。