電動自転車の選び方

電動アシスト自転車の基礎知識|タイヤ・ハンドル・フレーム・バッテリー・アシストシステムの種類をわかりやすく解説します

電動アシスト自転車の基礎知識|タイヤ・ハンドル・フレーム・バッテリー・アシストシステムの種類をわかりやすく解説します

電動アシスト自転車に乗ってみたいという方のために、基礎知識を紹介します。

電動アシスト自転車は普通の自転車と似た形をしていますが、造りが異なります。さまざまな車種が誕生しているため、各パーツの知識を得ておくと電動アシスト自転車を選ぶ際にも役立ちます。

また、電動アシスト自転車のよくある質問もご説明しますので、これから電動アシスト自転車を乗る際の参考にしてみてください。

電動アシスト自転車の定義

電動アシスト自転車の定義

電動アシスト自転車の基礎知識に入る前に、定義について説明しておきます。

電動アシスト自転車は「人の力を補うため原動機を用いる自転車」と書かれており、道路交通法施行規則で以下のように定義されています。

  • 原動機として、電動機を用いること
  • 搭乗者がペダルをこがないと走行しない構造であること
  • 時速 24 キロメートルまでアシスト機能が働き、時速 24 キロメートルを超えると補助がなくなること

電動アシスト自転車は、上り坂でも楽にペダルが漕げる自転車として企画され、交通弱者層の移動負担軽減を目的に開発されました。

ちなみに電動機が付いている電動アシスト自転車ですが、乗る際の免許は不要です。

電動アシスト自転車の各パーツの基礎知識

ここからは、電動アシスト自転車の各パーツに関する基礎知識を紹介していきます。ここで紹介する基礎知識は、電動アシスト自転車を選ぶ際にも参考にしてください。

自分に合った電動アシスト自転車を見つけられるヒントを探してみてください。

タイヤサイズ

電動アシスト自転車を見つけられるヒント

電動アシスト自転車のタイヤサイズは、普通の自転車と同じです。ここでは主流のタイヤサイズについて紹介します。

サイズ

おもな自転車タイプ

20インチ

ミニベロタイプ

シティタイプ

子ども乗せタイプ

24インチ

シティタイプ

26インチ

シティタイプ

700cc

スポーツタイプ

 

電動アシスト自転車に初めて乗る方は、20インチとタイヤが小さいミニベロタイプをご検討ください。

ミニベロはコンパクトな車体で小回りもきき、駐輪場での取り回しもよく、デザインも豊富なため最初の一台におすすめです。

電動アシスト自転車のタイヤは、大きさだけでなく太さにも注目したいところです。

舗装されている道をメインに走るなら、細めのタイヤの方がスムーズに走れます。反対に未舗装の道や石畳などを走るなら、太めのタイヤを選ぶのがおすすめです。

ハンドル

ハンドル

電動アシスト自転車のハンドルは、おもに2種類に分かれます。

ハンドルタイプ

特徴

該当車種

おすすめの方

セミアップハンドル

・手前に曲がったハンドルのこと

・楽な姿勢で走行

・遅い走行でもふらつきにくい

シティタイプ

子ども乗せタイプ

お買い物や街乗りする方

お子さまを乗せる方

フラットハンドル

・真っすぐのタイプのハンドル

・スピードが出しやすい

・坂道も比較的楽に運転可能

ミニベロタイプ

シティシティ

スポーツタイプ

通勤通学に使用したい方

街乗りをする方

軽快に走りたい方

 

フレーム

 フレーム

電動アシスト自転車のフレームとは、自転車の骨組みのことです。フレームで使われる素材はアルミが一般的です。アルミは軽量のため、車体重量を抑えられるメリットがあります。

また、アルミはさびにくいという特徴を持っており直射日光や潮風にも強いため、あらゆるシーンで活躍します。

バッテリー

バッテリー

電動アシスト自転車でもっとも大切なパーツと言っても過言ではないバッテリー。

まず、電動アシスト自転車のバッテリーは、メーカーや車種によって充電にかかる時間が異なります。一般的には、フル充電するために約3時間~5時間かかります。

バッテリーの寿命は、充電回数に比例します。一般的には約700回~900回の充電回数がバッテリーの寿命と言われています。年数にすると約3年~4年で劣化が気になってきます。

バッテリーの容量は、充電回数だけでなく気温によっても減少するので注意が必要です。特に暑い日は、バッテリーの容量の減りが早くなるため、小まめなチェックは欠かせません。

バッテリーには現在2つの電池が使われています。

電池

特徴

ニッケル水素電池

残量がある状態で充電を繰り返すと、バッテリーが次第に劣化

リチウムイオン電池

残量が残っていたとしても継ぎ足して充電可能

 

ニッケル水素電池は、充電を繰り返すことでバッテリーが劣化していくというデメリットがあります。この課題を解消するために導入されたのがリチウムイオン電池です。

そのため、近年ではリチウムイオン電池を使ったバッテリーが主流となっています。

アシストシステム

アシストシステム

アシストシステムとは、自転車のペダルを漕ぐことでモーターが動くシステムのことです。ペダルを漕ぐことでモーターが足の力をアシストしてくれるため、自転車の運転が楽になります。この点が、普通の自転車とは大きく異なる部分です。

ここで、普通の自転車と電動アシスト自転車のメリットについて見ていきましょう。

 

メリット

普通の自転車

車体が軽い

電動アシスト自転車

坂道を登るのが楽

長い距離を走っても疲れにくい

重たい荷物、子供を乗せても軽快に走れる

 

アシストシステムにより走行が楽になるのはもちろん、長距離の運転も疲れにくいというメリットがあります。

また、モーターが足の力をサポートしてくれるおかげで、重たい荷物や子どもを乗せても苦になりません。これらのメリットは、普通の自転車では体験できない部分です。

【電動アシスト自転車とフル電動自転車の違いについて】

電動自転車と言っても、厳密には2種類あります。

・電動アシスト自転車・・・ペダルを漕ぐ足の力をアシストしてくれる自転車

・フル電動自転車・・・ペダルを漕がなくてもモーターだけの力で進む自転車

電動自転車を選ぶ際は、上記も踏まえて選ぶようにしましょう。

 

電動アシスト自転車のよくある質問

電動アシスト自転車のよくある質問

ここからは電動アシスト自転車について、よくある質問を挙げてみました。電動アシスト自転車の意外に知られていない豆知識もありますので、ぜひチェックしてみてください。

電動アシスト自転車は雨の日でも乗れますか?

電動アシスト自転車は、雨の日でも安心して乗れる仕組みになっています。日常生活レベルの防水使用になっているため、雨の日でも問題ありません。

ただし、ゲリラ豪雨やバケツやホースでバッテリー部分に過剰に水がかかることは避けましょう。

バッテリーを長持ちさせる方法はありますか?

基礎知識の項目でも説明しましたが、バッテリーの寿命は、充電回数に比例します。充電の回数が多くなるほど、バッテリーが劣化し寿命が短くなります。

しかし、少しの工夫でバッテリーを長持ちさせることが可能です。

満充電のまま、長時間放置しない

少しの充電を繰り返さない

直射日光のあたる場所に長時間置かない

高温の環境下で充電しない

暑い場所や寒い場所ではバッテリーを外して保管する

これらを気を付けるだけでも、バッテリーは長持ちします。

バッテリーは高温に弱いため、特に夏の充電や電動アシスト自転車を保管する際は、高温になる場所や直射日光が当たる場所はなるべく避け、日かげや涼しい場所での保管をおすすめします。

電動アシスト自転車は歩道でも走れますか?

電動アシスト自転車は、普通の自転車と同じ扱いのため、原則として車道の左側走行をします。

しかし、歩道の中には「普通自転車歩道通行可の標識」を設けている場所もあるため、そのような場所では歩道走行も可能です。ただし、歩道は歩行者優先なので、すぐに止まれる速度で周囲に注意しながらの走行が必要です。

また、13歳未満または70歳以上の方や障がいのある方は、歩道の走行が認められています。

バッテリーのない状態でも電動アシスト自転車は使えますか?

電動アシスト自転車は、バッテリーのない状態だと走行できないという訳ではありません。

アシストシステムの項目でも説明したように、電動アシスト自転車はペダルを漕ぐ動作をサポートするため、バッテリーがなくても普通の自転車と同じように使えます。

ただし、通常の自転車よりも重量が重いため、漕ぐのが大変です。充電を忘れがちになってしまいそうな人は、16Ahといった大容量バッテリーを搭載している電動アシスト自転車を選ぶようにしましょう。

まとめ

電動アシスト自転車

電動アシスト自転車は、普通の自転車と違いバッテリー及びアシスト機能が装備されているのが大きな特徴です。アシスト機能があるおかげで、ペダルで漕いだときの力も軽減され、スムーズな走行ができます。

電動アシスト自転車の乗り心地は、タイヤサイズやハンドルタイプによって異なるため、用途に合わせて選んでみましょう。また、バッテリーを長持ちさせるためにも充電の頻度や気温、保管方法のコツも押さえておいてください。