3輪電動アシスト自転車について

DSC_1692

「高齢なので、三輪の電動アシスト自転車が安心かと思い、検討している」
というお問い合わせをいただくことがございます。
実は三輪電動アシスト自転車は慣れるまで、乗ることが難しいとされています。
実際、いつも二輪の自転車を乗っている当店スタッフも初めて三輪を試乗したときは、怖さを感じました。何度か乗っていると慣れてはくるのですが・・・。

三輪自転車の特徴として、慣れるまでは体重のかけ方や、路面等の影響も受けやすく、不安定で上手くまっすぐ乗れない事があります。後ろが二輪になっているので、特に路面の小さな傾斜も影響いたします。
そういうことで、全国統計的には三輪自転車は慣れるまでの事故が多いとも言われています。

車体前部をスイングさせる機能が備わっており、スイングさせて走行すると、二輪の自転車と同様にカーブで車体ごと体を傾けることができるため、二輪自転車に乗れる人にとっては違和感なく運転できるとされている一方で、常にバランスを取りながら走行しなければならず、慣れるまでは難しいとも考えられているようです。
特にスイングの固定金具取り付け車体は道路の傾斜の影響を受けやすいのでバランスが必要です。

ご参考までに、下記独立行政法人国民生活センターから発表されております案内を下記に添付させていただきます。
三輪自転車の走行特性に注意

当店では短い距離ではございますが、試乗もできますので、三輪電動アシスト自転車をご検討の方は、事前にご連絡の上、ぜひご来店ください。
※店舗に三輪アシスト自転車の在庫がある場合のみとなりますので、必ず事前にお電話でお問い合わせくださいませ。

ページトップへ